【お手軽】どっぷりじゃなくても大丈夫!利用歴5年が教える楽天経済圏の始め方

夜中突然の蹴りだったり、隣に熱を感じて寝苦しさを感じたりすることなく1人でゆっくり眠りたい。

こんにちは、育児4年目のマトリです。



突然ですが「楽天経済圏」ってご存じですか?

楽天市場や楽天カードを始め、楽天モバイル、楽天トラベル、楽天でんき、楽天ひかりなど。

生活するうえで必要なサービスを楽天で固めることでポイントがザクザク貯まるっていう仕組み。

それが楽天経済圏。





楽天経済圏にするとお得!

1年で〇万ポイント貯まった!!


な~んていう楽天経済圏ヨイショ記事をよく見かけますが、




あれ、マジです。

得に子育て世代はメリットしかない。



というのも、私は妊娠時期から楽天経済圏(当時そんな言葉があるなんて知らなかった)を始め、

かれこれ4~5年利用しています。


お得じゃなかったらこんなに続けてません。


今回は『気楽な楽天経済圏の始め方』を解説する記事です。


少しでも興味がある人、現金を使いたくない人は必見。

こんな人におすすめの記事

楽天経済圏の始め方を知りたい

ほどほどに楽天経済圏を始めようと思う

子育て世代

楽天経済圏のメリットとデメリット

楽天経済圏は早く始めたほうが得

最初に言っておきますが、楽天経済圏は金銭的にはメリットしかないです。

つまり、利用しないのはめちゃくちゃ損



私自身ももっと早く楽天経済圏を利用していればよかったと感じてます。

まず下の私の獲得した楽天ポイントをご覧ください。



私はここ4年半で44万ポイントを獲得しました。

単純計算で年間11万ポイントゲットしてます。

≪年別獲得した楽天ポイント一覧≫

獲得楽天ポイント
200872
2009273
20106,233
20113,637
2012813
20131,254
20141,584
20151,505
2,01656,160
2017134,265
2018113,268
2019136,890
2020 7月まで60,731
合計516,685

楽天を利用し始めたのは2008年からで、本格的に楽天を利用し始めたのは出産した2016年から。

楽天ポイントは1ポイント=1円。

つまり楽天サービスを利用するだけで、年間11万円分以上のポイント還元を受け取っています。



本格的とは言うものの、生活で使う携帯や電気や光回線を楽天にしただけであって、全く無理していません。



頑張らずして年間11万円が生み出されているという事実。

これが、すごい。



『ポイントがザクザク貯まる』のは、効率良く楽天を利用すれば誰でも簡単に実現可能。

なのに、やらないのは勿体ないと思いませんか?

楽天の嫌いな部分がデメリット

楽天嫌いな人が口をそろえて言うのが『メルマガがうざいくらい多い』というもの。

確かに、毎日1通は楽天からメールが来ます。


なぜそんなに来るのかと言うと、お得なキャンペーンのエントリーするのに「メルマガを受け取る」という条件付きのものがあるから。

全てのキャンペーンがそうではないものの、お得なものほどメルマガ受診が必要だったりするのは確か。


ただ、楽天メルマガから停止設定がいつでもできます。

キャンペーンが終了次第、設定しなおすことでメール数を減らすことは可能。

邪魔なら停止したらいいだけです。



ただし、キャンペーンは次々行われるのでイタチごっことも言えますね。

余計な連絡を受け取りたくない方が楽天を利用すると、イライラするかもしれません。

ここまでのまとめ

楽天経済圏はポイントがザクザク貯まるからメリットしかない

ただし、メルマガが嫌いな人は不向き

楽天経済圏に欠かせない『SPU』とは?

楽天経済圏を効率よく利用するのに欠かせないのが、

SPU(スーパーポイントアッププログラム)。



簡単に説明すると、SPUとは楽天独自のポイント倍率が上がるプログラムです。

指定された楽天サービスを利用することで自動的にポイント還元率がアップ。

楽天市場での買い物が対象となります。

読者
どんなサービスが指定されているの?

有名なところだと楽天カード、楽天銀行、楽天モバイルなどでしょう。


最大16倍という驚異の還元率なのですが、さすがにそれは難しい。



だから『できる限りSPUに指定された楽天サービスを利用する』っていうのが重要ポイントです。



SPUの種類と還元率については詳しくは過去記事で解説しているので、そちらをご覧ください。

ここまでのまとめ

できるだけ楽天SPUに指定されたサービスを利用することが大切

ほどほどな楽天経済圏の始め方

それではここから実体験をもとに、どのサービスを使ったらいいかをご紹介します。

ほんの少し頑張れば7倍にすることができます。

細かい説明は過去記事でしていますので、ここでは「何をどの順番で契約したらいいのか」を3段階に分けてご紹介しようと思います。


なお、楽天サービスを始めて利用される方に対してのお得なキャンペーンもありますので事前チェックをどうぞ。

➡【はじめてのサービスを使って1,000~100,000ポイントGET!

【必須】楽天会員 楽天カード 楽天銀行 楽天アプリ

以下の4つは、楽天経済圏を利用するなら必須となります。

これだけで楽天市場の買い物に対して4.5倍のポイント還元がされます。

(ゴールドカード・プレミアムカードの場合は4倍つくため、6.5倍のポイント還元率です)



①楽天会員+1倍  ➡【楽天市場サイトから新規会員登録をしてみる

②楽天カード+2倍 ➡【楽天カード公式サイトをチェックしてみる

 ゴールドカード+2倍 ➡【楽天ゴールドカード公式サイトをチェックしてみる

 プレミアムカード+2倍 ➡【楽天プレミアムカード公式サイトをチェックしてみる
 

③楽天銀行+1倍 ➡【はじめてのサービスを使って1,000~100,000ポイントGET!

※楽天カードの引き落とし先口座を楽天銀行に設定する必要があります

④楽天アプリ+0.5倍  


楽天市場

楽天市場開発元:Rakuten, Inc.無料
posted withアプリーチ


楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードのどれが良いの?
国内外を飛び回るなら楽天プレミアムカード

楽天市場で年間44,000円以上の買い物をするなら楽天ゴールドカード

無料にこだわりがあるなら楽天カード


1番のおすすめは楽天ゴールドカード。

なぜなら年会費がかかったとしても年間44,000円以上楽天市場で買い物をするならポイントでペイできるため。

【可能なら契約】楽天モバイル 楽天ひかり 楽天でんき

もっとポイントを貯めたいという方にはこの3つ。

合計で2.5倍の還元率になります。

①楽天モバイル+1倍 ➡【 楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

②楽天ひかり+1倍 ➡楽天ひかり公式サイトをチェックしてみる

③楽天でんき+0.5倍 ➡【楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン楽天エナジー】



私は3つとも利用していますが何不自由なく使えています。

特におすすめなのは楽天モバイルですね。

楽天アンリミットでは1年間プラン料金が無料という太っ腹キャンペーンも開催中。


さらに、楽天ひかりと合わせて申し込むとひかりプランも1年間無料になります。

期間限定キャンペーンですので、早めにどうぞ。

楽天ひかりについては詳しくは過去記事でも解説しています。

【使うならどうぞ】楽天証券 楽天トラベル 楽天ブックス

このあたりは利用する人はしたほうがいいね、くらいのものです。

無理する必要はありません。

楽天証券+1倍

楽天トラベル+1倍

楽天ブックス+0.5倍


➡【SPU 楽天証券の詳細


毎月利用する必要はありません。

他者と比較して同等または安ければ利用する程度でいいでしょう。



私は楽天証券で投資信託を積立中。

本はどこも値段が変わらないので楽天ブックスを利用しています。



そんな感じで臨機応変に使いこなせばオッケー。

最低でもSPU7倍は付くと思います。

年間5万円の買い物をするなら3,500円のポイントゲット!

ここまでのまとめ

楽天会員 楽天カード 楽天銀行 楽天アプリは必ず使おう

楽天経済圏上級者はキャンペーンもチェック

さらに踏み込んで話をすると、ポイントが貯まりやすい時に買い物するのが楽天経済圏上級者です。


キャンペーンはほぼ毎日行われています。

チェックには楽天カレンダーがおすすめ。



そして絶対見逃したくないキャンペーンはこの2つ。

『楽天スーパーセール』と『楽天お買い物マラソン』 



どちらも「買い回り」という制度を使います。

買い回りとは、楽天市場で1,000円以上の買い物1ショップに付き+1倍。

最大10倍が付与されるという超お得セールです。



開催されたら欲しいものをまとめ買い。

これが効率よくポイントを貯める秘訣なんです。



他にもこんなキャンペーンがあります。






お得なキャンペーンにエントリーしてザクザクポイントを貯めましょう。

尚、エントリーし忘れるとポイント還元に反映されないものもありますので注意が必要。

ここまでのまとめ

効率よくポイントを貯めるならお得なキャンペーンにエントリーしよう

買い回りキャンペーンは超お得

楽天経済圏は現金を使わない

楽天経済圏を始めたら基本的に楽天カードでの支払いが基本になります。

楽天カードはどこでも1%のポイントが貯まります。


その他の支払い方法は、楽天Edyと楽天ペイ。



特に楽天Edyは使い勝手もポイント還元もあっておすすめ。

楽天カードからのチャージで1%還元に加え、楽天Edy200円利用ごとに1ポイントが付与されます。

さらに、ポンタポイントやTポイント使ってポイントが2重で貯まるのも超お得。

楽天でクレジットカードを作る際はEdy機能付きも無料で発行できます。

➡【楽天Edyについてチェックしてみる

出典元:楽天Edy 電子マネー

楽天ペイでは7月1日より『楽天ペイのコード・QR払いでいつでも最大1.5%還元キャンペーン』を行っています。

終了日は未定。

通常は0.5%還元だったと考えると相当太っ腹ではないでしょうか?

期間限定ポイントでの支払いもできて便利ですね。

➡【楽天ペイをチェックしてみる

出典元:楽天ペイ
ここまでのまとめ

支払いは楽天カード、楽天Edy、楽天ペイのどれかで済ませポイントゲット

楽天経済圏にどっぷりハマりすぎないように

楽天経済圏を始めて気を付けたいことは2つ。

ひとつは無駄なものを買わないこと。

もうひとつは楽天が最安値とは限らないということ。



楽天ポイントを獲得しようと、衝動的に買い物をしては本末転倒。

本当に必要な物、欲しいものだけを買うようにしたいものです。


そしてポイント還元を換算したとしても、他サイトや店売りが最安値という事があります。

楽天メインでいくならポイントも含んだ買い値と、その他のサイトで価格の比較をすることをおすすめします。



楽天経済圏を始めた目的は何でしょう?

支出はそのままで、ポイントで得しようっていうのが楽天経済圏。

ポイントを貯めるのも、楽天で買い物することが本来の目的ではありません。

そこを見失わないようにしないと、支出が増えてしまいます。

ここまでのまとめ

楽天経済圏を始めた目的を忘れない

無駄遣い、高値買いは避けよう

楽天経済圏のナイス解説動画 両学長

出産を機に楽天を使うようになった私ですが、『楽天経済圏』という言葉を知ったきっかけは「両学長」の動画でした。


お金に関する知識を動画で分かりやすく伝えてくれる両学長。

現在のチャンネル登録者数は41万人以上。

人気金融リテラシー教育ユーチューバーでもあります。


ふと、この動画を見て

マトリ
私がやってることやないか!

楽天経済圏っていうんだ。へー。

と驚きました。


大変分かりやすく楽天の利用方法を解説した動画ですのでご覧ください。

他の動画も非常にわかりやすく目からウロコ情報を教えてくれています。


最近では本も出版しており、Amazonでもベストセラーとなっています。




楽天経済圏だけでなく、お金の勉強をするならおすすめしたい動画と書籍。


書籍は動画のまとめなので、動画を見て気になるようなら買えばいいと思います。
マトリ
いかがでしたでしょうか?

生活圏内のサービスに楽天を組み入れることで、ポイントが貯まる楽天経済圏。

1度始めてしまえばあとは通常の生活なのに、10万円ちかくのポイントがもらえたらうれしいですよね?

面倒な手続きは最初の1回だけ。

楽天SPUについてより詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください。