【健康 新型コロナウイルス】マスクをつける本当の意味をあなたは知っていますか?

まだまだ品薄状態のマスク。喉から手が出るほど欲している人がいるから、ネット上では破格の値段で売られていたりするのを見かけます。

あなたはこんな風に考えていませんか?

「マスクをつければ新型コロナウイルスから身を守れる」

果たして本当にそうでしょうか。
今日は新型コロナウイルスの感染原因から、マスクがどれほどの予防効果があるのかを話します。

感染原因

〔前略〕

問4 新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか?

現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき

(2)接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。
※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

問5 空気感染は起きているのでしょうか?

国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられるものの、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。

〔後略〕

出典元: 厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け )

つまり、感染者からのくしゃみ、咳、つばからの飛沫感染。そして感染者がそれらを抑えようと手で押さえた後に物に触り、さらに未感染者が触ることで起こる接触感染の2つのルートがあるということが考えられています。

感染原因が飛沫感染と接触感染とすると、マスクの正しい使い方が見えてきます。

飛沫感染と接触感染の経路を断つことができれば、予防になるってことね!
それを踏まえてマスクはどんな人が必要かがわかるのニャ。

マスクが必要なのはこんな人

マスクをしていれば飛沫距離も抑えられ、手で口元を抑える必要がないんです。
自分のウイルスをまき散らさないためにマスクをする。
つまり、他人を守るためにマスクをするというのが正しい認識です。

マスクには裏表があります。判別方法はプリーツ(ひだ部分)は下側にして開き、山形になる面が外側です。
大体パッケージにご使用方法として記載されていますので不安な人はチェックしてみましょう。

また、マスクの再利用はアルコール消毒をしたとしても衛生面的には推奨できないとされています。
廃棄するときは耳紐をもってゴミ箱へ。口周りは一番ウイルスが付着しているところなので触らないようにしましょう。
我が家は玄関にごみ箱を置いて捨てています。室内に使用済みマスクは持ち込まないことですね。

もし、マスクがない場合はティッシュやハンカチ、マフラーや袖口などで口元を抑えると飛沫を抑えることができます。


感染予防にマスクをしている人が多いですが、感染した人にマスクが行き届かなければ意味がないのではないでしょうか?

1つでも当てはまったら即マスクを!
  • 咳やくしゃみを慢性的にしている
  • 感染者との接触がある
  • 満員電車など人混み長時間滞在する
  • 高齢者、妊婦、基礎疾患持ち

不特定多数の人がいる空間に行かざる負えない時は必ずマスクをつけましょう。
重症化しやすいとされている高齢者、妊婦、基礎疾患を持っている人も同じく人混みではつける必要があります。

やっぱり電車通勤とか地獄よね。
人混みを避けるってのは生活上、難しいこともあるニャ。
仕事、買い物、園通い。どれだけ自分で判断して行動するかだニャ。
そんな急に仕事も休めないし。
とはいえ、マスクも売ってない。もう嫌になるわね。
マスクがあれば安心なのかニャ?
そりゃみんなしてるし、したほうがいいでしょ。
もうちょっと掘り下げて考えてみるニャ。

市販マスクでウイルスは防げるのか

飛沫感染を防ぐなら、市販マスクでも十分な性能です。
不繊布製と布製マスクを比較すると、不繊布製のほうが目が細かいのでより効果が高いでしょう。

ただ、どんなマスクでも着用時に多少の隙間ができますよね?
マスクを過信するのもよくありません。


お住まいの地域で感染報告がないのであれば、あくまでつけないよりつけたほうがマシ程度の認識でいいです。
あまり人と接点を持たない人はマスクに敏感になる必要はありません。

もちろん全員がマスクを着用できればいいのですが、そうできない場合は不要なマスクの消費を避けましょう。
入手困難な時期に消費するか、ストックとして持っておくか。どちらを選択するかはあなたの自由です。

大事なのは本当に今必要か?ってことニャ。
無駄に消費するのは確かにもったいないわね。まだ未感染の地域はたくさんあるし。
状況判断を正確にするためにも、政府には正しいデータ開示を求めるニャ。

マスク以上の予防対策がこちら

人混みに行かないこと

最低でも2メートル以上範囲に人がいる状況を作らなければ、それだけで感染リスクは抑えられます。


マスクより気を付けるべきは接触感染

日常生活のなかでは接触感染のほうが可能性が高いからです。
会社のエレベーターのボタン、手すり、コピー機、パソコン。
買い物なら籠やカート、お金など。いくらでも接触感染をするポイントが存在します。

手洗いしない間は自分の顔を触らないこと。
ウイルスの付いた手で目、鼻、口を触るとそこから感染します。極力首から上を手で触るのはやめましょう。食事前の手洗いは徹底して行う。

手洗いは20秒以上やると効果的とされています。

小まめな手洗いは大切ですが、洗いすぎると手荒れの原因になるためワセリンや保湿クリームを塗りましょう
手洗い後に突っ張った感じがしているのは肌の保護が弱っている証拠です。

明治32年創業「雪の元本店」と共同開発したワセリン
レトロでかわいい容器 ゆず・椿・ももの香りがあります



資生堂の薬用ハンドクリーム Amazonでも高レビュー
資生堂 ハンドクリーム 薬用モアディープ ジャー 100g
出典元:厚生労働省

アルコール消毒

【手の消毒】消毒用エタノール(70%以上)で消毒。

3/9に発送予定 自作消毒薬が作れます




【物の消毒】0.05%の次亜塩素酸ナトリウムで拭いた後、水拭きまたはアルコールで拭く。

自作でも除菌スプレーを作ることができます


スプレーするだけですぐ使える 次亜塩素酸ナトリウム除菌スプレー
次亜塩素酸ナトリウムは絶対皮膚には使わないこと!!いいかニャ!?
え?同じ除菌じゃないの?
薄めたものであっても漂白効果のあるものは、手に付着すると皮膚のタンパクがとけるニャ。
キッチンハイターの使用上の注意にも「目や皮ふ、衣類につかないように注意する」と記載されているニャ。
本当だ。子供がいるところで除菌液を作るのも危険そうね。
取扱には注意して自作するってことが重要ね。
作った除菌液は時間の経過とともに効果が薄くなるから、その日使う分だけ作っておくと無駄にならないニャ。

高額転売は野放しのままか?

台湾ではトイレットペーパーが品薄になるデマ情報をSNSで流した女性3人を即逮捕。やがて自体は収束しました。

日本では逮捕者は出ていないものの、高額転売はネット上に出回っています。
2月27日にはインターネットフリーマーケットのメルカリでは、マスクや除菌アルコール類などの感染予防用品に対して利用制限等の対象としています。

新型コロナウイルスによるパニック買いが高額転売を促している要因の一つでもあります。

すべての転売は違法行為ではありません。
ただし、コンサートチケットのように転売目的で買って転売する行為は、迷惑防止条例違反や詐欺罪にも当たるかもしれません。

個人的に、人に迷惑になる転売は構わないという考えです。
転売による収入はよくあることですが、緊急時は節度ある行動を心がけたいものですね。
購入者がいなければ自然と価格は下がってくるとは思いますがね。

「高額転売のせいで自分が物資を買えない」とイライラする気持ちもわかります。
でも、自分の心を余計なことで消費するのはとてももったいないと感じます。
嫌なら見ない、マスクより接触感染の予防強化に励む、人混みに行かないなどできることはまだあります。
一つの事だけにとらわれるより、広い視野でみてみるといいのではないでしょうか?
7時間半以上~8時間の十分な睡眠をとるのもいいですね。