【賢すぎ】6万円でルンバより高性能!?Roborock ロボロック S6で猫飼い歓喜

やっと梅雨明け!洗濯すっぞ~~!!干すとこねぇ~~。ってなります。

こんにちは、マトリです。



先日、1年弱使っていたロボット掃除機「ZIGLINT D5」がぶっ壊れました。

➡【ZIGLINT D5を1年使った口コミはこちら

これは新しく買わにゃならんな~と思ってネットで「ロボット掃除機」について調べました。

ロボット掃除機と言ったら『ルンバシリーズ』。

あらゆる型番でルンバの口コミの調査中、こんな感じの口コミを発見!

口コミ
なんで日本人はロボット掃除機=ルンバなんだろう?

ルンバより安くて高性能なものはあるのに、ルンバにこだわる理由がわからない。

ロボロックシリーズのほうが世界中で売れているし、性能も良く使いやすいと思うよ。
マトリ
え!?ナニソレ!?

調べよっ!!

公式サイトからいろんな口コミを読んで、買いましたよ。ロボロック S6。


ネックだったのは値段。

ZIGLINT D5が2万円以下で買えたのに対して、ロボロック S6は6万円。

たっけぇ~~!

でもね、使った結果6万円でこの性能は安いと判断しました。

口コミ通り、ルンバよりロボロック S6を購入して良かったです。

というわけで今日は『ロボロック S6を使った口コミ記事』となります。



ロボット掃除機をメインの家事戦力にするなら必見です。


【期間限定ポイントアップ中】Roborock ロボロック S6 ロボット掃除機 アプリで操作 IoT iPhone スマートフォン ロボット 掃除機 水拭き
こんな人にオススメの記事

ロボット掃除機をメインに使いたい
壁や家具に極力ぶつかって欲しくない
吸引と水拭きもやってほしい
操作をアプリで完結したい
「ここ掃除して」「ここはしないで」と細かい設定をしたい
ルンバ以外のロボット掃除機を検討している

ロボロックってどこの会社?

読者
ロボロック?

聞いたことないわね。

それもそのはず。

ロボロックとは、中国北京に設立した会社。

日本に進出したのは2019年10月なので、馴染みがなくて当然です。

読者
中国製品ってこと?

ちょっと信用できないわ。

世界累計500万台のロボット掃除機を販売

2014年設立のベンチャー企業ながら、16年にシャオミブランドのロボット掃除機を製造。

この製品が、その年中国で最も売れたロボット掃除機となり急成長。

17年11月には自社ブランド「Roborock」を展開。

わずか2年で世界40カ国以上で累計500万台のロボット掃除機を販売しました。

その半数以上は中国以外の地域で売れたと言います。



驚異の急成長と販売実績を備えたロボロック社の第1弾のロボット掃除機として、ロボロック S6が19年10月より日本で販売を開始しています。

日本発売を目前にした10月11日の会見で、チャン・ジンCEOは「AIアルゴリズムはルンバより優れている」と強気の発言をしています。

ここまでのまとめ

ロボロックは、北京のロボット掃除機メーカー

世界40カ国以上で500万台以上の売り上げ

ロボット掃除機の選び方

あなたはロボット掃除機ってどうやって選びますか?



私は『性能・メンテナンスの手間・価格』の3つを重視します。

ロボロックは全ての基準を満たしていたから買いました。

Roborock ロボロック S6の性能

性能で重視したのは『無駄のない動き』と『レーザーセンサーによるマッピング機能』。



2万円以下のロボット掃除機を使ってみて悩んだことは3つありました。


・掃除のする場所、やらない場所にムラがある

・黒の床や壁を段差と勘違いして停止したり避ける

・走行した場所だけマッピングされるからやたら家財や壁にぶつかる



買い替えるなら、この3つだけはどうしても改善したい。



特に赤外線センサーによって黒色を避けるのは非常に面倒でした。

挙動不審になったり、もともと無駄があるのに毎日同じカーペットの黒ラインで引き返して余計無駄が生じる。

これは落下防止用の赤外線センサーのせいなんです。

落下防止機能は欲しいけど、センサーを塞ぐと落下するという本末転倒な結果に。

二の舞を演じるのは御免です。



なんとロボロックS6は1つの機能でこれらの悩みを全てクリアしたロボット掃除機でした。



その機能とは『レーザーマッピング』。

高精度のLDSレーザーセンサー搭載

360度スキャンしながら室内を正確に効率よく掃除

障害物を避けながら、同時進行で正確なマッピングを行う

実際にレーザマッピングを画像つきでどうぞ。

運転開始、わずか10秒でこのマッピングよ。

始めての掃除でも、ソファの足の周りをぐるっと一周してくれてる。

なにより走り方が効率いいな!!

長辺を認識して無駄な往復回数を減らし、短時間で隅々まで掃除してくれます。

まるで人の手によって掃除されたよう。



壁にはぶつかる前から認識しているのでソフトタッチ。

しかもブラシの動きも障害物によって回転数が変わります。マジ賢い。

もう黒色のカーペットや部屋の明暗に悩まされない掃除ができる!!


もちろんロボロックS6は落下防止機能搭載です。

Roborock ロボロック S6はダストボックス水洗い可能

ロボット掃除機はメンテナンスが必要です。

最高のパフォーマンスを出すためにも、パーツの交換は必須。



最低限でもパーツの販売はしていてほしい。

そして何より、ダストボックスが丸ごと水洗いしたい!!

細かいホコリが四隅に固まってるのが気持ち悪いんです。

はたいても、はたいても落ちてくるチリ埃。

水で一気に洗い流してしまいたい欲。



ルンバシリーズを調べると、ダストボックスを水洗いできるものはe5(3~4万円)やi7(10万円)のみ。


値段格差激しすぎんよ。


ロボロックS6は中間の6万円。

うむ、悪くない。



正規品パーツもネットでチェックしてみる




Amazonプライム会員の方はこちらがおすすめ
➡【正規アクセサリーをAmazonでチェックしてみる



Amazonでは互換アクセサリーも販売してる。(ただし納期に時間がかかる)





バッテリーに限っては販売はしていません。

カスタマーサポートセンターにて有償で交換とのこと。

➡【バッテリー交換のお問い合わせ先 公式HPはこちら

➡【電話での問い合わせはこちら 0120-992-878】

(営業時間:10:00~17:00 ※土日祝除く)

しかもアプリ内でパーツの消耗度が確認できるっていうから驚いた。

これで交換時を忘れないから、パフォーマンスを維持できますね。

使って驚いたRoborock ロボロック S6の性能

実際に使ってみるとこの子はすごく多機能でした。

その中でも「こいつスゲー!!」と思った性能を3つばかりご紹介します。

バーチャルウォール不要!アプリ1つで完全制御

ルンバは掃除してほしくない場所には「バーチャルウォール(1つ3千円弱)」を設置が必要です。

ロボロックS6はアプリで設定するだけ。

しかも3種類の制御がアプリ1つでできます。

①目に見えない壁(仮想壁)

②進入禁止ゾーン

③掃除禁止エリア



①赤い線が「ここから先は掃除しないでね」って言う進入禁止の仮想壁。

②赤い枠が「立ち入り禁止ね」っていう進入禁止ゾーン

 ③紫の枠が「入っても良いけど掃除はしないで」って言う掃除禁止エリア

0.4~10m四方の範囲で設定できます。


ペットの水飲み場や食事エリアは掃除してほしくない。

子どもが遊んでいるけどこの1部屋だけ掃除してほしい。

そんな時でもアプリで簡単操作。



バーチャルウォールを買うお金も、設置する手間も場所も省けます。

吸引も水拭きもおまかせください

ロボロックS6は水拭き掃除もしてくれる優れもの。

これが水を入れるタンク。

赤枠のところから吸水します。

水量も2段階調節が可能。

一度で60平米までの水拭きが可能。

水拭き掃除をした後のモップが……汚いっ!

人の手でやる水拭きには劣るものの、毎日水拭きがロボット掃除機でできるなんてすごい。

水漏れもしませんでした。

カーペットを避ける機能はないのであらかじめどけておくか、アプリでカーペット部分のみ進入禁止エリアに設定する必要があります。

モップはマジックテープとはめ込みの2つで固定されているため、ズレることはほぼありません。

気になるお掃除の成果はいかほど

1日朝晩、ロボット掃除機をかけているリビングを掃除してもらいました。

うわー、とれてますねぇ~。

毎日2回は掃除しててこれですよ!?

どこからホコリたちはやってくるのでしょうか。

うちで使っているマキタ掃除機より静かなのに仕事してくれてます。

レゴブロックの小さなパーツも吸い込んでますね。

2000Paの超強力な吸引力でありながら、58dB(デパートの店内くらい)という静音。

「掃く」も「拭く」もこれ一台

Roborock ロボロック S6は安い

ロボロックS6は6万円前後で買えるロボット掃除機。

性能と価格を考えると、価格以上の価値があります。

【期間限定ポイントアップ中】Roborock ロボロック S6 ロボット掃除機 アプリで操作 IoT iPhone スマートフォン ロボット 掃除機 水拭き



少なくとも私の求めていたロボット掃除機が6万円で買えて大満足です。
ここまでのまとめ

LDSレーザーセンサーによって黒色や暗い部屋でも関係なく掃除

アルゴリズムにより効率的な掃除

ダストボックスの水洗いができて清潔

アプリ1つで進入エリアや掃除の制御可能

掃き掃除も拭き掃除も1台でこなす

価格以上の性能を兼ね備えたロボット掃除機

Roborock ロボロック S6のデメリット

大満足ではあるものの「こうだったらよかったのにな」と思う箇所がありすのでご紹介。

ダストボックスのゴミが出しにくい

以前使っていたZIGLINT D5はガバっと開くから捨てやすかったが故に、ロボロックS6が捨てにくく感じる。

ブラシは付属されていますが、奥のフィルター側のホコリをかき出すと手が汚れちゃう。

ダストボックスの開きをもっと大胆にして欲しかった。

水タンクの水が乾燥しきらない

水タンクを開いて拭きたいけど、開かない~、拭けない~。

立て掛けておいても、少量の水が残ります。

蒸発してくれたらいいんですが、唯一の穴である吸水口が小さい。

水拭きから4日経過していますが、水タンクの内側は未だ湿っております。

これ、どうしたらいいですかw

使ってる人はどうしてるんだろう?

ここまでのまとめ

ダストボックスの開きが小さくごみ捨てがしにくい

水タンクの内側がいつまでたっても乾かない

ロボロック S6の開封と製品概要

到着したロボロックS6は思ったより大きかった。

カラーはホワイトとブラックがあります。

梱包は丁寧で美しい。

なんか透明のマットらしきものもありますね。

【付属品の紹介】

Roborock本体 ×1
ダストボックス ×1
防湿マット ×1
水タンク ×1
モップクロス ×2
使い捨てモップクロス ×10
取り付けプレート(使い捨てモップクロス) ×1
充電ドック ×1
電源ケーブル ×1
メインブラシお手入れツール ×1
ウォーターフィルター替え ×4
エアフィルター替え ×1
取扱説明書 ×1
クイックスタートガイド ×1

外寸 35.3(W)×9.65(H) cm

家具の下でもすんなり入ります。

中央の凸の部分がレーザー。

レーザー部分は凹ませたり、収納できるわけではありません。

サイドブラシは1本のみ。

ブラシというかゴム。

赤色のメインブラシは床を傷つけない設計のブラシだそうです。

約2センチまでの段差なら乗り越え可能

本体をパカっと開くとダストボックスがあります。

横にはブラシも収納されてますね。

ダストボックス容量は480mlで水洗い可能。

ペット飼いなら週に2回捨てるのが望ましいかも。

余計なコードは充電ドック内に納めることができる!

細やかな心遣いは嬉しい。

カバーを付けるので見た目もスッキリ。

ここまでのまとめ

使い捨てモップクロスがものすごい入ってる

ケーブル収納ができてイイネ!

ロボロック S6のセットアップ方法

アプリは「Roborock」または「Mi Home」のどちらか好きな方を使います。

クイックスタートガイドのQRコード、APPストア、Google Playにて検索するか読み込んで、アプリをダウンロードしてください。



【Roborockアプリ】


Roborock
Roborock
開発元:Beijing Roborock Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ




【Mi Homeアプリ】


Mi Home - xiaomi smarthome
Mi Home – xiaomi smarthome
開発元:Beijing Xiaomi Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

基本的にはクイックスタートガイドに沿って設定していけば大丈夫。

注意点としては、5GHzには対応していません。



なぜかRoborockアプリだとこの画面の「Roborockはネットワークに接続しています」でエラーが起きました。

結局何度やってもダメだったので、Mi Homeで設定してみたら1発で設定完了。

もし片方のアプリが使えないようなら、もう片方で設定してください。

ここまでのまとめ

使用できるアプリは2種類

片方が使えないならもう片方で設定しなおしてみる

5GHzには未対応

ロボロックS6はこんな人におすすめ

Roborock S6がオススメの方

 無駄なく効率のいい掃除をしてほしい

 リモコン不要 アプリで制御したい

 吸引と水拭き掃除をしてほしい

 バーチャルウォールを設置するのは嫌だけど掃除の指示を細かくしたい
  (特にペットを飼っている方)

 職場や出先からの操作をしたい

 6万円ならロボット掃除機に出してもいい

 価格以上の性能を求めている

【期間限定ポイントアップ中】Roborock ロボロック S6 ロボット掃除機 アプリで操作 IoT iPhone スマートフォン ロボット 掃除機 水拭き



楽天会員ならもっとお得にお買い物できますよ。

エントリーのし忘れのないようにしてくださいね。


➡【開催中の楽天キャンペーンをチェックしてみる


➡【エントリー必須 5と0の付く日はもっとお得

安くて最低限の性能で十分という方には、2万円以下で買える「ZIGLINT D5」がおすすめです。

➡【過去記事『ロボット掃除機
ZIGLINT D5を1年間使った口コミ』をチェックしてみる

マトリ
いかがでしたでしょうか。

ロボロックS6は欲しい機能が詰め込まれたロボット掃除機でした。

個人的にはルンバより効率的な掃除をしてくれる製品だと実感しました。

やっぱりレーザーはすごい。

掃除の質重視の方にはおすすめしたい自動掃除機ですね。